I WILL TRY ANYTHING

~可能性は無限大~

count : hits!
昨日 : 本日 :
Since 2008.5.5
ごあいさつ

 なんてことはない、作者の趣味の部屋です。わりかし多趣味なんで、自分の経験の備忘録として、徒然に書いてます。

 それから、医療相談室なるコーナーもあります。病気や怪我でお困りの方、気楽には無理かもしれませんが、コメントください。出来る限りで対応します。

2014/03/11 Tue 19:07

特別警報ってどのくらい『特別』なの?

 今回の九州の災害。5日17時51分に『特別警報』が発表されました。
 しかしながら、多くの報道にあるように多数の犠牲者が出てしまっています。
 この事実を聞き、正直かなり勿体ない感がしてなりません。なぜ、特別警報が出ているのに避難できなかったのだろうかと。
 (詳細な災害発生時刻の情報がないので、特別警報発表前に災害が発生していた可能性は否定できませんが…)

 そこには、特別警報に対する認知度の低さも影響していると考え、『特別警報』はどのくらい『特別』なのか、今回は気象予報士として検討してみたいと思います。
 (今回は大雨による特別警報について検討します)

 特別警報は平成25年8月30日に開始され、現時点(平成29年7月8日)までの約4年間で7回発表されました。特別警報が発表された大雨と、その被害をまとめてみました。
続きを読む>>


Category : 気象
author : よこっち | comments (1) 1499513397 | trackbacks (0) | 編集する

エアコンと石油ファンヒーターどちらがお得??

 つい最近、知人より『エアコンの方が石油ストーブより安い』と言われました。

 今まで電気より石油のほうが安いに決まっていると、信じて疑わなかった私。
 というのも、学生のころ(20年位前)、初めてエアコンを買ったときに言われた電気屋さんの『暖房に関しては灯油のほうが断然経済的ですよ』の言葉。それを今でも信じていたのです。
 また、『電気は石油を燃やして出来た熱を変換して得ているわけで、それを熱に戻して使うエアコンが、直接石油を燃やして熱を得ることより安いわけがない』というのが根拠にありました。

 しかし、時代は流れ、エアコンの効率はかなり良くなっています。しかも、そもそもの誤解は、エアコンはヒートポンプを用いているので、消費電力の数倍の暖房能力を持っているということ。この事実、知りませんでした。

 さらに、現在の灯油単価は20年前とは比べ物になりません。倍以上にあがっています。

 これらを踏まえると、確かに、検討の余地があるのではないかと思い、自宅の石油ファンヒーターとエアコンを比べて見ることにしました。
続きを読む>>


Category : その他
author : よこっち | comments (0) | trackbacks (0) | 編集する

高解像度降水ナウキャスト

 気象庁では、平成26年8月より『高解像度降水ナウキャスト』の運用を始め、ホームページで誰でも無料で使用できるようにしています。今話題の『ゲリラ豪雨』(気象用語では局地的大雨という)に対応するものです。
 これは、今降っている雨が、今後どのように変化(強くなるのか、弱くなるか)し、どのように移動するのかを5分間隔で30分先まで予報するものです。つまり、空を見て雲行きが怪しくなってきたなと思ったら、これを見れば、今後30分以内にそこに雨が降るのかが分かります。または、今降っている雨が30分以内にやむのかどうかが分かります
続きを読む>>


Category : 気象
author : よこっち | comments (0) | trackbacks (0) | 編集する

大気の状態が不安定??

 天気予報を聞いていると、『大気の状態が不安定で』ってセリフをよく耳にします。でも、これってどういう状態??って素朴な疑問ありませんか[悩み]
 実は私、気象予報士でもあるので、たまにはそれらしく解説してみようと思います[残業]。


大気の状態が不安定=上昇気流が大きくなりやすい状態
 まず、気象庁のホームページでは「大気の状態が不安定:局地的な対流活動が起こりやすいこと」と定義されています。漠然としすぎていてよく分かりません。また、Wikipediaに至っては、「大気に微小擾乱(じょうらん)を発生させたときの、その大気の振る舞いを表す。擾乱が弱まってもとの平衡状態に戻る場合は安定、擾乱が強まって元の状態に戻らない場合は不安定という」となっています。素人には全く持って意味不明です[ショック]。
続きを読む>>


Category : 気象
author : よこっち | comments (0) | trackbacks (0) | 編集する

三毛猫の秘密~ほぼ100%メスである~

 最近気になったCMの1つに、『実は…、三毛猫はほぼ100%メスである』という文句で始まるものがあります。以前に、この話を聞いたとき、とても興味深くて面白いと思ったので、ここで少し解説してみます。

 『なぜ三毛猫はほぼメスなのか?』、その答えを知るには少し遺伝学の勉強をする必要があります。
 まず、生物の細胞には染色体と呼ばれるその生物の設計図が書かた巻物のようなものがあります。この染色体は複数本あって、両親から半分ずつもらい、子供に半分分け与えるという形になっています。例えば、『ヒト』であれば、両親から23本ずつもらい、合計46本になり、そして、子供にもまた、23本分け与えるという形になります。
続きを読む>>


Category : 医学
author : よこっち | comments (0) | trackbacks (0) | 編集する